音楽教材 The Scale Running Vol.3 | AREIA MUSIC

1/4

音楽教材 The Scale Running Vol.3

The Scale Running Vol.3.zip

¥2,500 tax included

Download URL
You can DL after purchase (583947248byte)

※本サイトからのデジタルコンテンツのダウンロードは、携帯端末からは行えません。
販売開始直後にこのことを実行した方から、文字化けしてダウンロードができない、との
問合せをいただきショップに確認いたしました。
ご面倒ですがどうぞよろしくお願い致します。
ファイル合計が556MBあり、ダウンロードには少し時間がかかります。

はじめに
The Scale Running は、
サックス奏者である私が、「教える」という現場で学んできたことをまとめたものです。 サックスをはじめて比較的日が浅い方々、
特にオトナになってからはじめて音楽と付き合うことになった方々向けに作りました。 このたび、Vol.1、2 に続いて Vol.3 を出すことになりました。
さらに内容が進んだことに伴って、
中級者、さらに⻑年楽器と関わっている方にもお使いいただけるかもしれません。 主な目的は4つです。
「音が上下するスケール練習を素材に
・たくさんサックスを吹いて、基礎トレーニングすること、 ・リズムトレーニングをすること、
・かんたんもむずかしいもいっしょ
・ちょっとだけわざわざ面倒くさいことをやること」 もうひとつ
他の楽器でも使っていただけるかも、との思いも付け加えます。 ・内容について
LEVEL7 から 9 まで各章に 10 の例題があります。 例題ごとに、
1 拍を 2 分する 8 分音符ふたつを等間隔で取る Even という方法と
8 分音符ふたつを 2 対 1 くらいの⻑さにする Swing という方法のどちらか、
または両方を課題にし、それにともなった練習用音源をつけました。
練習の際に流しながらあわせて吹いてもらうためでもありますが、
まずは聴いて、同じメロディ(スケールも⽴派なメロディです)でも、
両者の空中浮遊感、音と音の間合いがこんなに違うのかの参考にしてほしいのです。 デジタルで作った簡易音源ですが、理屈ではなく、聴いてその上であわせて身につけてく ださい。
お使いいただくそれぞれの方にとって、音源のテンポが速すぎたり遅すぎたり...でしょう。 今は、そのことに対応できるアプリもたくさんあります。
よかったら便利なツールも駆使して利用してくださると幸いです。 音の種類は 12 個。
それらのいずれかの音をド(主音)にして基本 7 つの音を並べたものをスケール(音階) といいます。 ならば、ひとつの課題を 12 回ずつでいいはずですが、同名異音というものの影響で 言い方の違う音階が 3 つあります。F#と G♭、C#と D♭、B と C♭です。 C♭などお目にかかることはほぼありません。
でも、わざわざ脳内変換して⽴ち向かいます。 これがめんどうくさい、ということです。 Vol.1、2 に続いてこのことを続けました。
アーティキュレーションという、音を切る、伸ばすなど、
とりわけ吹奏においての演奏ニュアンスに関する大事な視点がありますが、 本書では譜面においても音源においても、あまり指示していません。 これらはまたいずれかの機会で取り組みたいと考えています。
たくさん音を出してください︕︕
本書は、サックス奏者で私の視点から、音域についてはサックスを目安にしています。 譜面、音源が絶対値ではありませんので、フレキシブルに音域対応してください。
サックスというのは移調楽器なので、教材は inEFlat、inBFlat とそれぞれ個別に扱われて いることがほとんどです。
しかし、Vol.3 でも譜面を 1 本化し、対応音源を inC とあわせ 3 種類用意しました。 このことで、複数の(移調)楽器を吹く方にとっての教材は 1 冊で済み、ひいては inC を 移調度で読み替える練習にも利用してほしい。
その思いです。
また今回は、付録として Excel を利用したちょっとした練習ツールを作ってみました。 手軽に使える Excel で、こんなことは誰でも思いつくような簡単なことですが、練習に利 用いただければ幸いです。

  • Payment method

¥2,500 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品